西田装美ロゴ

清掃・衛生管理・設備管理・警備・アスベスト対策・塗装etc. ビル総合メンテナンス

西田装美ロゴ 西田装美株式会社0120-286-881Mail
業務案内
エアコン洗浄(スコープ・ウォッシュ洗浄)

エアコンは定期的な洗浄が必要です

当社施工による防水効果は空隙充填による「水路封鎖効果」(図1参照)と施工後の躯体内在時に発生するクラック等に反応する「自己補修効果」(図2・図3参照)があります。主な作用としては主成分のシリケートをコンクリート内部の深部(垂直方向時190mm)に浸透させることで、コンクリート内部の各種カルシウムと反応、空隙や水路をゲル状の反応生成物が充填します。このゲル状の反応生成物は、その後2〜12週で固化体へと変化し、躯体自体を厚い防水層へと変化させ長期にわたり効果を持続します。保障期間は、通常新築10年・改修2〜5年です。

【図1】コンクリート改質剤による水路封鎖効果の基本原理
  
低圧散水により、RCガーデックスがコンクリート内部に浸透。 遊離アルカリと反応し、ゲル化。クラックを充填し、毛細空隙にもゲルが均一に浸透する。 充填したゲルの上部が水と炭酸ガスによる反応で固化体となる。毛細空隙の上部も同様である。

【図2】クラック発生時の自己補修効果
  

【図3】クラック拡大時の自己補修効果
  
充填したゲルの上部が水と炭酸ガスによる反応で固化体となる。毛細空隙の上部も同様である。 充填部横に再クラックが入ると、ゲル(乾燥状態)に水分が接触、可逆的返還でゲルが再液化(編目部分)し、クラック下部へ流出。
再液化したゲル(材料)は下部のクラック界面で遊離アルカリと反応し、再度ゲルを生成し、水の侵入を防ぎます。 再ゲル化部分で水分に触れる部分は、ゲルから固化体へと変化する。再ゲル化部分でも水分に触れない部分は次のクラック発生に備えることになります。

   


従来の防水処理工事と比較して処理費用・施工時間ともに大幅に節約できます。
コンクリート内部の毛管空隙を充填し、内部・外部を問わず防水効果を発揮します。
常に湿潤・滞水状態のコンクリートも防水可能です。(各種ピット、水槽など)
外壁のクラックへの施工も有効です。
新築時の施工で水分供給による異常膨張や低質RCの早期炭酸化(中性化劣化)を防止します。
白華現象(エフロレッセンス)の発生を抑制します。
コンクリートの多孔性状を平滑化し、高いプライマー効果を発揮します。
すべてのセメント質を含む部分に使用が可能です。
水がある部位でも施工が可能です。
材質の安全性は高い評価を得ています。
塩害対策地域向けの商品もございます。

   

   

詳しくはお問合せください。

お問合せ0120-286-881メールフォーム

BACK
INDEXコンセプト業務案内会社概要求人案内清掃用品販売お問合せ

COPYRIGHT(C)2006 西田装美株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.